コラム ボイトレ

ボイトレをしてもなかなか歌が上手くならない?現代のボイトレに足りないもの

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • ボイトレをしているけどなかなか効果を感じられない人
  • 今のボイトレのやり方に疑問を持っている人

どーも!メンタルボイストレーナーのなかけんです♪

今回は現代のボイトレメソッドに足りない部分というテーマで記事を書いていきます。

この記事を読んでいただくことで、もしかすると新しいボイトレ人生の扉を開けることになるかもしれません。

今回のお話は僕のYouTubeチャンネルでも取り上げていますので、動画の方が見やすいという方はそちらを御覧ください。

現代のボイトレに足りないもの

まずは結論からお伝えすると現代のボイトレはある程度歌える人には効果的なものが多いが、全く歌えない人にはあまり優しくないものが多いという印象があります。

なぜなら現代のボイトレには時間をかけて歌声の基礎を作っていく概念がありません。

どちらかというと今すぐに声を変えていくやり方に重点が置かれています。

例えば、全くの素人から格闘技を始めたとします。

最初に技だけを教えてもらったとして、ある程度は強くなれるかもしれません。

しかし、そもそも格闘技ができる体力や筋力が全くない状態だとすればいくら技を覚えたところでムキムキの相手には勝てません。

けん

ボイトレでも同じことが言えます

歌の技術や声の出し方というのはそもそも基礎がある程度できている人に通用する話であって、全く筋力がない人にとってはそれすらも難しかったりします。

ボイトレも人によって相性が違う

決して僕は今あるボイトレメソッドを否定したいわけではありません。

ボイトレの内容もそうですが、それを教えるボイストレーナーの人との相性も大きいです。学校の先生でも教え方に生徒それぞれの好みがあるように、です。

SLS・ベルカント唱法・ボディマッピングなどなど世の中にはいろんなボイトレメソッドが存在していて、当然それぞれに相性が存在しています。

ちなみに現在はSLS(ハリウッド式ボイトレ)が主流です。

これを読んで頂いてるみなさんの中にもこのメソッドは全く合わなかったけど、このメソッドはめっちゃ合う!というのが存在するかもしれません。

僕は今主流のボイトレがずっと合わなかった

僕の場合でいうと今まで音楽専門学校にもいって、何人かのボイストレーナーの方に教えてもらっていましたがずっと効果を感じられずにいました。

軟口蓋を上げましょう・舌を下げましょう・お腹で息をしましょう・頭から声が出ているイメージで歌いましょう

これらは僕の歌声に大した効果を与えてくれませんでした。

しかし、今の歌声の基礎を作っていくボイトレに出会ってからは、自分でも分かるくらい声も出るようになり歌も上手くなっていきました。

僕は元々理論的かつコツコツできるものが好きだったのでそれがバッチリハマったのでしょう。

もしかするとみなさんにも同じようなことがあるかもしれません。僕のブログやYouTubeチャンネルでは歌声の基礎を作っていくボイトレの情報も発信していきますので、興味がありましたらまたのぞいてみてください。

-コラム, ボイトレ