ボイトレ

【ボイトレ】軟口蓋を上げるといいって本当?安全な軟口蓋の上げ方も解説

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

どーも!メンタルボイストレーナーのなかけんです♪

今回はボイトレでよく聞く用語のひとつ軟口蓋について解説していきたいと思います。

よくボイトレで「軟口蓋を上げましょう」と言われますが、あまりピンと来ない方も多いと思います。僕もそのひとりでした。

そんなモヤモヤも、今回ご紹介する軟口蓋の事実を知ることで解消していただけると思います。合わせて、安全な軟口蓋の上げ方もご紹介しています。

今回の記事の内容は、僕のYouTubeチャンネルでも解説していますのでそちらも御覧ください。

軟口蓋は自分で意識的に動かせない

確かに軟口蓋を上げることによって声は広がり、喉も下がりますがそれはあくまで正しい発声ができた結果、軟口蓋が上がっているということであって、最初から無理やり上げようとするものではありません。

そもそも軟口蓋という場所は、内臓と同じで自分で意識的にコントロールできません。

この事実を知らずに、無理やり軟口蓋を上げようとする事によって顎や舌といった余計な部分に過剰に力が入ってしまう可能性もあります。

なか犬

軟口蓋を意識することで逆効果になるかもだね

安全な軟口蓋の上げ方

軟口蓋は声の音質をコントロールすることによって、自然に上げることができます。

動画では実際に声を使って解説していますが、「軟口蓋を上げよう」と意識するのではなく「綺麗な地声を出そう」とすることによって自然に軟口蓋が上がります。もちろん、裏声でも同じです。

ボイトレにおいて大事な観点は、声の音質があって二次的に軟口蓋が上がったり共鳴が起きるという点です。

普段ボイストレーニングを行う際はぜひこのことを念頭において行っていってください。

けん

知識よりもまずは声の音質を重視しましょう

まとめ

  • 軟口蓋は自分で意識的にコントロールできない
  • 正しい発声の結果、軟口蓋は自然に上がる
  • 綺麗な声の音質を出すことが軟口蓋を上げることにつながる

それでは、今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ