ボイトレ

歌がもっとうまくなる音感の鍛え方。絶対音感と相対音感の違いも解説

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • 音感を鍛えたい人
  • 音程をもっとよくしたい人

どーも!メンタルボイストレーナーのなかにしけんです♪

今回は歌唱力に大きく関わる音感について解説します。

この記事を読んでいただいている方の中にも「自分は元々音感が全く無いのでダメなんだ」と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

でも安心してください、音感は何歳になってからでも充分身につきます。そのヒントは相対音感にあります。

コツコツと練習すれば絶対音感の人にも劣らない音感を身につけられますよ。

では新しいあなたに出会うための扉を開けていきましょう。

今回の記事は僕のYouTubeチャンネルでも解説していますので、そちらも合わせて御覧ください。

絶対音感と相対音感の違い

まず音感には絶対音感と相対音感の2種類あることを知っておきましょう。

プロのミュージシャンの中には絶対音感を持っている方もいらっしゃいますが、相対音感しか持ち合わせていない方もたくさんいらっしゃいます。

ちなみに僕が音楽の専門学校に行ったとき、講師の先生に驚かされたのは歌のフレーズを瞬時にピアノで弾いているところを見たときでした。

話を聴くとその先生は絶対音感は持っておらず相対音感をひたすら鍛えたそうです。今では僕も歌のフレーズをピアノで拾うことができるようになりました。

相対音感を鍛えるメリット

相対音感を鍛えることでたくさんのメリットが得られます。

相対音感を鍛えるメリット

  • 音程が良くなる
  • ハモリがうまくなる
  • 曲中の転調にすぐ対応できる
  • 曲のキーを変えてもすぐに対応できる
  • 即興演奏が感覚的にできるようになる

相対音感の鍛え方

相対音感の鍛え方はたくさんあるのですが、なるべくやりやすいものをいくつかご紹介しましょう。

歌のフレーズをピアノで拾う練習

これは音程も音感も身につくおすすめのトレーニングです。

やり方はとてもシンプルで、自分の好きな歌のフレーズをピアノで拾っていくというものです。全部じゃなくてもワンフレーズでもオッケー!

スケールの知識があれば尚良しですが、もちろんなくてもできます。

詳しいやり方は僕のYouTubeチャンネルでも解説していますのでそちらを参考にしてみてください。

ハモリパートの練習

自分の好きな歌のハモリパートを練習してみましょう。

最初は元のメロディに釣られて結構難しいですが、慣れてくると自然にできるようになります。

ネットで検索すれば300円程度で好きな曲の楽譜が買えますので、そこに乗っているハモリパートを見ながら練習していきましょう。

少し専門的な話をすると、元のメロディの3度上の音を歌うと綺麗にハモれます。(スケールの知識が必要になります)

慣れてくると5度上の音でハモったり、3度下でハモったりもできます。

音感アプリで練習

スマホには音感トレーニングアプリがたくさんあります。

それを使ってトレーニングするのも全然アリです!続けるのがちょっと大変だと思いますが・・・

まとめ

  • 音感には絶対音感と相対音感の2種類がある
  • 相対音感は大人になってからでも充分身につく
  • おすすめは歌のフレーズをピアノで拾っていくトレーニング

それでは、今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ