ボイトレ

【解剖学で学ぶ】声帯は声の音質を使ってコントロールしよう

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • 声帯をコントロールする方法が知りたい
  • 声帯をコントロールして声帯閉鎖がしたい

どーも!メンタルボイストレーナーのなかにしけんです♪

今回は声帯のコントロールについて解剖学を元に解説します。

「声帯をコントロールして声帯を閉鎖させましょう」という言葉を耳にしますが、おそらくそれだけを見て実際にできる人は少ないでしょう。

まずは結論から書きますが、声帯は不随意筋であり意識的にコントロールできるものではありません。

でも安心してください、声帯は声の音質を使うことによって間接的にコントロールすることができます。

今回のお話は僕のYoutubeチャンネルでも解説していますので、そちらも合わせて御覧ください。

声帯は意識的にコントロールできないもの

人間の体の中には随意筋(ずいいきん)と不随意筋(ふずいいきん)とがあります。

声帯に限らず歌で使用する筋肉のほとんどが不随意筋に当たります。これは今後に役立ちますのでぜひとも覚えておいてください。

このことからわかることは、声帯というのはどこかに無理やり力を入れてコントロールできるものではないということです。

なか犬

喉締めにもつながるので注意だね

声の音質を使って声帯をコントロールしよう

僕のブログでも何度か登場している言葉ですが、歌声というのは喉の中の状況を映し出す鏡です。

例えば、綺麗な地声が出ているときというのは声帯閉鎖も綺麗にできているということになります。綺麗な裏声が出せているときというのは声帯も綺麗に伸ばせているといことであり、喉も開いている状態です。

つまり、声帯をコントロールして声帯閉鎖がしたい場合は、綺麗な地声を練習することが問題解決に繋がります。

けん

この観点で声帯をコントロールしていきます

まとめ

  • 声帯は意識的にコントロールできない不随意筋である
  • どこかに無理やり力を入れてコントロールするものではない
  • 声の音質をコントロールすることで声帯は間接的にコントロールできる

それでは、今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ