ボイトレ

【ボイトレの超基本】ボイトレは声の音質を聴くことから始めよう

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • ボイトレの基礎を知りたい人

どーも!メンタルボイストレーナーのなかにしけんです♪

今回はボイトレにおいてとても大切な声の音質のお話をしたいと思います。

これを知っているか知らないかで歌の成長具合に大きく影響を与えます。

今回のお話は僕のYouTubeチャンネルでも解説していますのでそちらも御覧ください。

歌声は喉の中の状況を映し出す鏡

まずは覚えていただきたいのが、歌声というのは喉の中の状況を映し出す鏡ということです。

例えば、綺麗な声の音質が出せているときというのは、喉の中も正しく使えている証拠になります。

逆に、声に雑音が混じっていたり、どこか押しつぶされているような綺麗ではない声の場合、喉の中も間違った使い方をしているということです。

この概念はボイトレを行っていく上でどんな知識よりも大事なことですのでぜひ覚えておいてください。

なか犬

まずは声の音質をしっかり聴くことが大事なんだね

ボイストレーニングとは健康的に声を育てる作業

みなさんそれぞれにやりたい歌い方や声の出し方というのがあると思います。

ボイストレーニングというのは、健康的に安全に声を育てていく作業になりますので、一旦自分の音楽的感性を横においておくこともときに必要になってきます。

アーティストの中でも基礎を踏まえた上でオリジナリティを追求し今のスタイルになっている人もたくさんいらっしゃいます。

けん

「声を育てること」と「かっこよく歌うこと」を分けて考えましょう

ぜひ録音しましょう

ボイストレーニングする際はぜひ自分の声を録音するクセをつけておきましょう。

プロの方たちも日々レコーディングを行い自分の声を客観的に聴いています。そんな中で声の出し方をみなさん研究されています。

ちなみに歌い手の界隈ではレコーディングをすると歌がうまくなると言われています。

レコーディングをすると顕著に自分の弱みがわかってきますので、それが大きいのだと思います。

まとめ

  • 歌声は喉の中の状況を映し出す鏡である
  • 「声を育てること」と「かっこよく歌うこと」は別物
  • ボイトレを行う際はぜひ録音しましょう

それでは今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ