ボイトレ

自分の声がどっちか分からない?地声と裏声をうまく切り替えよう

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • 自分が出しているのが地声か裏声かわからない
  • 地声と裏声の感覚が知りたい

どーも!メンタルボイストレーナーの中西健です♪

今回は地声と裏声の切り替えというテーマでお話したいと思います。

この2つの声をうまく切り替えるにはまず地声と裏声の感覚を喉に覚えさせる必要があります。

僕が教えさせて頂いてる生徒さんの中にも「自分が地声を出しているのか、裏声を出しているのか」がわからないという方もいらっしゃいます。

この記事を読んでいただきまずは喉にその感覚を覚えさせていきましょう!

今回の内容は僕のYouTubeチャンネルでも取り上げていますのでそちらも参考にしてみてください。

地声の判別方法

この練習をする際にはピアノがあればわかりやすいです。もちろんスマホのピアノアプリでオッケーです。

地声の出し方

①出かけるとき何か忘れ物をした際に「あっ!」と声を上げることがあると思います。まずは何度か口に出してその感覚を覚えましょう。

②その「あっ!」の感覚で次に音を当てていきます。ピアノのソ(G3)~シ(B3)の音を鳴らして声を合わせます。(男性・女性ともにその音域が地声になります)

最初はピアノの音と声を合わせるのが難しく感じますが、後々すごく役に立ってきますので今のうちに覚えておきましょう。

忘れそうになったらまた「あっ!」と言って確認しましょう。

裏声の判別方法

裏声の出し方

男女のカップルを見たときに「フゥ〜」とちゃかすシーンを見たことありますでしょうか?あれがいわゆる裏声になります。

①「フゥ〜」と何度か出して見ましょう。(周りに怪しまれない程度に)

②その感覚で再び音を当てます。ピアノでソ(G4)~シ(B4)の音を鳴らして声を合わせます。地声の1オクターブ上の音です。

何度か繰り返していくうちにだんだんと地声と裏声の感覚が掴めてくるでしょう。

地声と裏声の切り替え練習

動画ではご紹介していませんが、応用として地声と裏声を瞬時に切り替えるトレーニング方法もご紹介しましょう。

実際にプロのボイストレーナーの方も使っているやり方で、僕も普段の練習に取り入れています。

地声と裏声の切り替え

  • ピアノのソ(G3)~シ(B3)の音を鳴らして地声を出します。
  • オクターブ上のソ(G4)~シ(B4)を鳴らして裏声を出します。
  • 地声と裏声を交互に出します。慣れてきたらだんだんと早くしてみましょう。

やってみるとおわかりいただけますが地味に難しいです。でもこの練習に慣れてくれば曲の中でも自然に地声と裏声の切り替えができるようになってきます。

まとめ

  • 地声と裏声の判別できない人は意外と多い
  • 地声は何か忘れ物をしたときに「あっ!」と上げる声のこと
  • 裏声は「フゥ〜」とちゃかすときに出す声のこと

どんなトレーニングでもそうですが何度も繰り返すことが大切です。コツコツと練習に励んでくださいね♪

それでは今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ