ボイトレ

【最初のうちに覚えておきたい】ミックスボイスの新しい概念を知ろう

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

どーも!メンタルボイストレーナーの中西健です♪

今回はミックスボイスの概念について語っていきたいと思います。

ミックスボイスというと「高音を楽にパワフルに出す技術」と捉われていますが、結局ミックスボイスって何者なんでしょうか。

今回の内容は僕のYouTubeでもご紹介していますので、そちらも合わせてごらんくださいませ。

地声と裏声をミックスさせたもの

結論から言うとミックボイスとは地声と裏声がミックスされたものです。

もう少し掘り下げて言うと、地声と裏声を同じ音質・強さになるまで鍛えてミックスさせたものです。

人の声には、大きく分けて地声と裏声の2種類の声しかありません。これには声帯の仕組みが関係してきます。

声帯は閉じるか伸びるかの運動しかできない

ポイント

  • 声帯が閉じる筋肉が優勢に働くのが地声
  • 声帯を伸ばす筋肉が優勢に働くのが裏声

つまり、ミックスボイスというのは声帯を伸ばす運動と閉じる運動を同時にバランよく行う行為になります。

現代のボイトレにはない声帯を伸ばすという視点

現代のボイトレメソッドを見ていると、声帯閉鎖やエッジボイスなど声帯を閉鎖させることばかりに重きを置いています。

しかし、本来は声帯を伸ばすという視点も必要になってきます。そうしなければしっかりとした声帯閉鎖も達成できません。

結果、地声・裏声ともにバランスよく鍛えることが大切になってくるのです。

まとめ

  • ミックスボイスとは地声と裏声をミックスさせたもの
  • 声帯ができる運動は閉じると伸びるの2つしかできない
  • 声帯を閉じることばかりではなく、声帯を伸ばすという視点も重要になってくる

それでは、今日もぼちぼちとがんばっていきましょう!し~ゆ~☆

-ボイトレ