ボイトレ ミックスボイス

声区融合に効くトレーニング。混合と融合を見分けるポイント

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

この記事はこんな方におすすめ

  • 声区融合が何か知りたい
  • 声区融合ができているか知りたい

どーも!ボイストレーナーの中西健です♪

今回は声区融合(せいくゆうごう)について練習方法やよくある勘違いについて解説します。

まず声区融合とは、地声と裏声が融合した状態のことを言います。

もう少し具体的にいうと、地声を出しているときに働く筋肉と裏声を出しているときに働く筋肉とが同時にバランスよく働いている状態です。

声区融合ができていると、低音から高音までが楽に出せ、かつなめらかに強弱がつけられます。

声区融合ができるようになるには、地声と裏声がしっかりと鍛えられてなければなりません。

人によりますが完全に声区融合ができるまでには1年~3年以上と長い時間を要します。

なか犬

決してすぐにできるものではないんだね

声区融合とは逆に声区混合というのがありますが、これは筋肉のバランスが全く取れていない状態でほとんどの人はこの状態に当てはまります。

歌っているときに喉締めがある人や、逆に息が漏れている人は声区混合の状態といえるでしょう。

この記事を読んで声区融合を正しく理解して、自分のボイトレに活かしていきましょう!

声区融合のトレーニング

声区融合ができているかの一つの判断基準としては、換声点付近(ド[C4]~ファ[F4])でメッサ・ディ・ヴォーチェが綺麗にできるかどうかがあります。

メッサ・ディ・ヴォーチェとは?

小さなファルセットから声を出し始め、声を出し続けて徐々に音量を上げ地声を介入させていく。そして、なめらかに小さなファルセットに戻っていくという練習方法。

かなり繊細な筋肉の扱いが必要となる。

けん

ファルセットは裏声の一種です

つまり、ファルセットで裏声の筋肉を働かせながら、同時に少しずつ地声の筋肉を働かせていくことになります。

メッサ・ディ・ヴォーチェは声区融合の練習になるので、少しずつ行ってみてください。

換声点付近(ド[C4]~ファ[F4])で行うことがポイントです。

まずは地声と裏声を分離させよう

声区融合ができるようになるにはまず、地声と裏声を分離し純化させる必要があります。

声区分離の練習に関しては他の記事で書いていますので参考にしてみてください。

地声と裏声を最大限まで鍛え、先程ご紹介したメッサ・ディ・ヴォーチェを行うことで声区融合に近づいていきます。

声区融合と声区混合の違い

声区混合とは声区融合とは逆で、声区の調整が全くできていない状態です。

以下の項目に当てはまる場合は、混合の可能性が高いです。

声区混合のチェックポイント

  • 地声と裏声が綺麗に出せない。
  • 歌っている時息が苦しい。
  • 喉か締まっている感じがする。
  • アゴや舌に力が入っている。
  • 声が震えている。
  • 声がいつも息っぽく聞こえる。
  • 高い声が出せない。
  • ひとつの音を強くしたり弱くしたりできない。

ひとつでも当てはまる場合は融合ではなく、混合の可能性が高いです。

まとめ

  • 声区融合とは地声と裏声が融合した状態
  • どこかが力んだり力が抜けすぎている場合は声区混合の可能性がある。
  • 声区融合の練習にはメッサ・ディ・ヴォーチェが有効。

それでは今日もぼちぼちとがんばっていきましょう。し〜ゆ〜☆

-ボイトレ, ミックスボイス