ミックスボイス

裏声の出し方や鍛え方。ミックスボイスとの違い

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

どーも!ボイストレーナーの中西健です♪

今回は裏声の出し方や鍛え方について解説します。

裏声は声帯を伸ばし、声に豊かな響きを与えます。

この記事でわかること

・裏声の出し方

・裏声の鍛え方

・裏声の正しい音域

・裏声とミックスボイスの違い

裏声を出してみよう

音程は高いラで「ほ」か「ふ」を使います。

楽に出せることがポイントなので、音程は下げても大丈夫です。

3秒間くらい楽に伸ばせる音を選びましょう。

純粋な裏声

楽に出せていれば、弱くても大丈夫です。

喉が締まるのはNGです。

裏声が出せない人へ

裏声が出せない人は、以下のことを試してみてください。

・姿勢が前のめりになっていないか

・肩が上がっていないか

・裏声でリップロール

・ちゃかし声

・フクロウの鳴きマネ

・ウィスパーボイス

姿勢が前のめりになっていないか

姿勢が前のめりで首が前に出ていると、喉は締まりやすいです。

壁に後頭部とおしりをつけて、姿勢を確認してください。

その時姿勢をかっちりと固定するのではなく、楽にキープしてください。

肩が上がっていないか

初心者の方によくあるのが、発声の際に肩に力が入っていることです。

肩に力が入っていると、首の緊張を引き起こして喉が締まります。

裏声でリップロール

唇をプルプルさせるリップロールで裏声を出してみましょう。

男女ともに高いラで出してみましょう。

唇や顔にに力が入っているとうまくできません。

次にリップロールの響きの高さを保ちながら、「ほ」で出してみましょう。

ポイントは口先から声が出ているイメージです。

ちゃかし声

中学生がカップルをちゃかすような「フ~!」というあの声です。

多分に裏声要素を含んでいます。

最初は「フ~!」その次に同じ出し方で「ほ」で発声してみましょう。

フクロウの鳴きまね

フクロウの鳴き声をまねてみましょう。

楽な高さから始めて、裏声で出してみましょう。

この声は純粋なファルセットと呼ばれています。

ウィスパーボイスを出す

息のたくさん混じったささやき声を出してみましょう。

詳しくは以下の記事で解説しています。

喉が締まらないことが重要

裏声は、喉が締まらないことが重要です。

これができない限り、ミックスボイスは出せません。

最初は弱い裏声でかまいません。音質を重視して練習してください。

喉が締まっていない状況を作れてから、次の強化のステップに入ることができます。

裏声を鍛えよう

裏声強化のステップ

①裏声を出す。

②喉が締まらないように徐々に音量を上げていく。

③声が震えだしたポイントでやめる。

④①〜③を繰り返す。

音量を上げていくときも、喉が締まらないように気をつけてください。

裏声の音域

おそらく、裏声と聞くと地声の上の方に少し裏声があるイメージではないでしょうか?

実際の裏声声区をみてみましょう。

裏声声区は、男性が普通に出せる高さのファあたりまで降りて行けます。

図のとおり、地声と裏声が混じり合う部分が存在します。

裏声を鍛えていくと、やがて地声と手をつなぐということです。

裏声とミックスボイスの違い

裏声とミックスボイスの違いは、声帯閉鎖がされているかどうかです。

裏声で声帯をピッタリ閉じると、それがミックスボイスになります。

裏声とミックスボイスは全くの別物です。

まとめ

  • 裏声は喉が締まっていないことが重要。
  • 裏声声区は地声声区と被っている部分がある。
  • 裏声とミックボイスの違いは声帯閉鎖されているかどうかにある。

それでは、今日もぼちぼちがんばっていきましょう。し~ゆ~☆

-ミックスボイス