コラム

プロの歌手と素人との喉のちがい

なかにしけん

メンタルボイスボイストレーナー。 ▶︎ESPエンタテイメントヴォーカル科卒業 ▶︎メンタル心理カウンセラー資格 ▶︎ボイトレ歴10年 【歌で自分に自信をつける!】をモットーに、当ブログでは趣味でも本格的な音楽の知識を身につけたい人向けに、さまざまなボイトレ・音楽情報を掲載しています。

ども!シンガーソングライターの中西健です!

今回は「プロの歌手と素人の喉のちがい」についてお話したいと思います!

結論から申しますと喉の構造に違いはありません!

名歌手の喉の解剖

こんな話があります。

むかしむかし、遠い国で解剖学者の人たちが大歌手と呼ばれる人の喉を解剖したときがありました。

学者の人たちは歌手は、何か普通の人とは違う特殊な構造をしているのだ。と信じていたからです。

そしていざ解剖!その時、学者の人たちがっかりしました。

その大歌手の喉の構造と一般人の喉の構造が全く一緒だったのです。

いくつかのポリープを見つけた以外はなんら変わりはありませんでした。

ではプロの歌手と素人では何が違うのか?

簡単に言うと喉の運動神経が違います。

歌手のひとたちは日々鍛錬を積み、この喉の運動神経を鍛えています。アスリートと同じ感覚ですね。

喉の運動神経がもともと優れている人もいる

たぶんあなたの周りでももともと歌がめちゃくちゃうまい人がいると思います。

そういう人たちはもともと喉の運動神経がめちゃくちゃいいんです。

最初から走るのがめっちゃはやい人みたいなものですね。

喉の運動神経は鍛えられる??

正しいフォームを覚えれば走るのが早くなるように、正しいトレーニングを積めば確実に喉の運動神経もよくなります。

その練習が僕がおすすめするいろんなところに音を当てる「アンザッツ」だったりします。

アンザッツについては結構ややこしい練習法なので、またどこかで詳しく解説します。

それではぼちぼちがんばっていきましょう

し~ゆ~☆

-コラム